青森県大間町のご案内

ここ本州最北端に位置する青森県大間町は、下北半島の「マサカリ」の形をした半島の一番上にある人口約6000人の漁師町です。

季候については、春から夏にかけて「ヤマセ」と呼ぶ東よりの風が吹き、秋から冬にかけては北西の風が強く風速20m以上の時さえもあります。

また、津軽海峡を挟んで対岸に北海道が面しており遠い昔から、昆布、アワビ、ウニ、平目、タコ等の魚介類の宝庫としても知られております。

特に、代表的なものはマグロ一本釣りの町で大間産本マグロの名は全国的に有名です。

近年、漁船の大型化や漁具の進歩と相まって豊漁を続けており、その独特の漁法はマスコミ各社でも取りあげた「魚影の群れ」「マグロに賭ける男たち」「凄腕漁師」「TVチャンピオン」新春ドラマスペシャル「マグロ」などさまざまな放映で全国的に脚光を浴びました。

大間の町のイベント・祭り